查找體驗

日本鯨魚觀賞體驗37(普及)

間的鯨,性質,即在海洋觀察海豚,它是近年來在日本受歡迎的旅遊之一。如果你想觀察海豚有時區分海豚觀賞。在1950年,美國加利福尼亞州聖地亞哥,是後來被以適合於所述灰鯨的觀察開始(灰色鯨)。然後在1955年,它一直是聖地亞哥查張伯倫是,所採取的形式,作為已設置了一個名為“灰鯨看$ 1”船上遊客的開始。增加對遊客在今年各地的10000人,類似旅遊行業在其他地區現在是滿意的。 1985年,在新英格蘭,也可以觀察座頭鯨的動態行為被稱為流行,我們逆轉加利福尼亞州是在出席的發源地。首先觀鯨在日本,據說在小笠原1988年已經進行了。

回顧

海が荒れた日でしたが、何とかクジラに会うことが出来ました。 ジャンプしているところを何度も見れたので、写真も撮れます。 他の船と連絡を取り合いながら、スタッフの方たちもかなり 粘ってクジラを探してくれました。慣れない船で大変でしたが楽しかったです。 海が荒れていて揺れがすごかったので、撮ることはあきらめましたが&。 3月でも天気が悪いと肌寒かったです。雨が降って風も強かったので、 長袖、ズボン、レインコートは必要です。酔い止めも必須でした。 事前の準備を万端にしておくと、余裕をもってクジラを探せます。

回顧

春休みを利用して。 子供達とホーエル・ウォッチングをしました。 前々日、前日とも高波で船が欠航&中止との事で。 クジラも見れる確率が3月と比べると低いと言う事でしたが、お天気にも恵まれて。 クジラもバッチリ見れました。 子供達と家族で沖縄に訪れて良い思い出になりました。 クジラが見れたときの感動は見た人にしか分からない。 素晴らしいものでした。 ありがとうございました。

回顧

在這點錢,在考慮這方面的經驗是真棒即可!在主辦方公司隨著天氣祝福的日子,還是能夠滿足大量的鯨成為的,因為有在附近鯨酌情提早離開。如果有機會我也想參加。這是非常好的活動。