查找體驗

日本熱氣球體驗21(普及)

熱氣球,在袋中的空氣,這就是所謂的球體皮膚(信封),由安裝在底部的燃燒器加熱,它是在所引起的外部空氣的比重差的浮力提高。船員,乘坐貼在信封(籃子)底部的纜車。熱氣球是唯一可能的上升,通過調整燃燒器的熱量,除風,駕駛自己的力沒有下降。由於風向和強度是海拔高度不同,找到您要繼續高度調節風向。在歐洲和美國的熱氣球被列為飛機,你需要在每個國家頒發的許可證。以及懸掛式滑翔,滑翔傘在國內法,也沒有國家認證。然而,引導在國內熱氣球,它需要的熱氣球飛行員的技能證書的日本氣球聯合會問題。此外,除了駕駛員之外的乘客不具有特定資格是必要的。

回顧

1時間のフライトを体験しました! スタッフのみなさん気さくな方たちで、 気球に全く無知で初挑戦の私の質問にも楽しく答えてくださったり、フライト中も景色を説明してくださったりと、スタッフの方とのお話も楽しめました! 気球の準備を見ている段階からフライトの着陸や片付けのちょっとしたお手伝いまで全て貴重な経験でした!

回顧

小学生の娘と私(父親)で参加させていただきました。 朝早くから参加して日の出の頃に準備開始。熱気球を組み立てるところから、実際に飛ばし、乗るところまでを体験。「熱気球って実は揺れない!」というようなやってみないと分からないことばかりでした。以前スカイダイビングも経験したのですが、それとはまた違った優雅な空の旅を体験させていただきました。 娘も大喜びで本当に想い出に残る体験をさせていただきました。 今回カメラマンの方もお願いしたので一生残せる想い出となりました。お薦めですよ!

回顧

“熱氣球是,你不知道我在左風飛”飛行換上一名職業飛行員的敘述採取或笑,並保持在與會者的笑聲“我不是在笑號。”因為不系留浮遺體氣球的體驗享受,直到壯觀降落而超越了樹林和穀倉蔓延到十勝平原。由於清晨集,並留在需要的鄰居的汽車租賃。